上の子供が4歳になったので、使い方や貯蓄や投資などお金の教養を育てる目的でお金の勉強を始めてみました。

まだ早いのかもしれないけど、4歳ともなれば大人の言ってることはほぼ理解できるからなぁ。

これからの子供たちはグローバル経済の中で厳しい競争が待っているので、少なくともお金の教養はきちんと持っていて欲しい。

だから4歳から勉強を始めてみても良いかな。

ちなみに最終的な目標は株式投資などの投資に関する知識を得て、自分のお金を運用するまでに成長して欲しいんだけど…。

まぁ、投資に関してはかなり先の話しだけどね。

お金に関する基本的な考え方

まず子供に与えるお金に関する基本的な考え方ですが、お小遣いではなくあくまで「家族の一員」として家庭内の役割に対する対価としての「報酬」です。

家庭内でお手伝いをしたり自分の事は自分でするっていうことは、一緒に住んでいる限り当たり前のことです。

だから自分の役割をきちんとこなす事によって、その対価として報酬が得られるっていう感覚を早くから知って欲しいんだよね。

なので、普通の月額/週額お小遣いっていう概念ではありません。

ましてや、お手伝いをしたら何円などの成果型のお小遣いでもありませんよ。これだとあまりお金の勉強にならないような気がして…。

全体的にちょっと微妙で分かりにくい説明なのかもしれないけど、子供には何度も繰り返し説明して少しでも理解してもらいたい。

あくまでも家庭内で自分の役割をこなすことによる対価だという事を。

利用/貯蓄/投資の3ステップ

このお金の教養に関する勉強で、具体的にはお金の利用/貯蓄/投資の3ステップを理解して欲しい。

まずお金の利用に関してですが、まずはやっぱりお金の使い方を知らないといけないから当分の間は自由に使わせています。

大事なのは子供が自分で考えて、商品やサービスが幾らで利用できるのかを知ることです。

例えば100円あればどんなお菓子が買えるかや、どんなガチャガチャなら出来るのかっていう金額に関する勉強になります。

4際にもなれば数字は読めるので、お菓子が買いたければ実際にスーパーやコンビニに行って自分の目で金額を見て選んでいますよ。

もちろん助言はしますが、子供はお金の使い方を学んでいるから余計な口出しは一切しません。

ホントはしたいけど…。。

ある程度の金銭感覚が身についてくれば、幾らで何が買えるのかってういことが分かってくるかな。

とにかく今はお金の使い方を学んで欲しいから、なるべく自分の頭で考えて使う訓練をしてもらいたい。

次に貯蓄に関しても徐々に理解していってもらいたい。

例えばある程度高価なオモチャなどはお金を溜めないと購入できないから、使うのを我慢して貯蓄をするっていう感じで。

貯蓄に関してはもう少し大きくならないと難しいかもしれないけど、目的を達成するためには我慢も必要だから。

まぁ個人的には貯金するよりは投資をしてもらいたいんだけど、まだまだ先の話かな。

最後に投資に関してですが、やっぱりお金は貯蓄するよりも投資などで積極的に使ったほうが良いと思います。

複利の力は絶大なので、早くから株式投資などを知っておけば複利運用で大きな資産を築けるからね。

まぁ投資に関してもまだまだ先の話しだけど、とりあえず投資して利益を得るってい感覚は知ってほしい。

だからもう少し大きくなったら、月単位か年単位で投資したと仮定して株式配当金みたいな形も良いかなぁ。

とにかく投資を始めるなら早いほうが良いから、なるべく早く始めてほしいけど…。

子供の報酬に関するルール

実際に我が家の子供の報酬に関するルールですが、毎週月曜日に100円を渡しています。

4歳児に対して毎週100円はちょっと多いのかもしれませんが、月単位にするとすぐに使ってしまった場合に次までのスパンが長いからあまり勉強にならない気がして。

毎週定額を渡すことによって、頻繁に使うことも出来るし貯蓄する実感も十分に得られると思います。

何も使わなければ1ヶ月(4週間)で400円貯まるので、1ヶ月単位で考えるとそんなに多くないのかなぁ。

まぁあくまでも我が家のルールなので。

そして、使い方に関しては子供の自由にさせています。お金の使い方を自分の頭で考えて勉強するのが目的だから。

基本的には何に使っても良いといは言ってますが、例外としてアメやガムなどまだ食べて欲しくない物は禁止しています。

あと使ったらきちんと親に報告して、収支や明細をきちんとつけていますよ。

まぁ何か使う時には一緒にいるから把握していますが、詳細や残高はあとで見返すから。

ちなみに消費税に関しては親の負担としています、あまりお金が細かくなると分かりにくくなるからね。

とりあえず我が家のルールはこんな感じです、まだ初めたばかりなのでこれから改善もしていきますよ。

日本ではまだまだお金に関する話はタブーみたいな風潮がありますが、大事なことなので子供に対してはお金に関することを積極的に教えていきたい。

お金って大事だから。

JiroOkamoto

子供が4歳になったから、本格的にお金の教養に関する勉強を開始しました。

4歳児だって、自分の頭で考えてお金を使うことは出来ますよ。